みょうがを頂いて、どう料理しようか迷っています。

私はこの間、実家からみょうがが送られてきました。みょうがなんてそう良く食べる方ではないので、料理の方法に困っています。送られてきたみょうがは、約10個くらいあったので、全部を使い切るのには結構時間がかかるな、と思っています。クックパッドでさっそく調べたところ、キュウリとトマトと一緒に千切りにして食べるとおいしいという事が載っていたので、そう料理しようかな、と思っています。けれども、私の旦那さんはみょうがを食べる人ではないので、食べてくれないかもしれません。どうしようか考え中です。みょうがなんて買ったこともないしあまり食べたこともないので困っています。実家の母に聞いてみるのが一番いいと思いますが、聞きそびれています。とりあえずクックパッドの上位に挙がっている料理を見て真似してみようと思います。上手に食べられると良いのですが。さっぱりしたものと一緒に食べるのがいいですかね。早く作らないと傷んでしまうので、早急に作ろうと思います。

名古屋で、美味しい、とんかつがいただける、お店

名古屋で、美味しい、とんかつがいただけるお店を紹介します。
名古屋市中区にある、三好乃(みよしの)というお店は、とんかつの美味しいお店です。
味噌ひれかつ(1200円ほどだったと思います。)は、ころもが、サクサクしており、
八丁味噌と、赤味噌をブレンドしているという、味噌ソースの旨みが、カツの旨みと、
良く合うおいしい一品でした。
その他に、ハンバーグ(1150円ほどだったと思います。)や、活かにコロッケ
(1400円ほどだったと思います。)、自家製ハムなどもあり、色々な味が楽しめる
お店だと思います。
名古屋市中区にある、とん八(とんぱち)というお店は、とんかつの美味しいお店です。
調理には、塩、コショウ以外の調味料は使用していないというお店だそうです。
味噌ヒレカツ定食(1350円ほどだったと思います。)は、ヒレカツの肉質が柔らかく、
まろやかな味わいの、味噌ダレの旨みと良く合い、美味しかったです。
御飯、味噌汁付きです。

固定費の節約こそ簡単ではないと思うのですが

最近の節約情報としては、食費や日用品代をチマチマ節約するより、固定費の削減で大きく節約したほうがいいとよく言われています。
住居費や保険料、通信費などを見直し、より安い物にすると節約効果が大きいというのです。
確かに、これらのものに今までたくさんお金をかけてきた世帯にとっては節約効果は大きいかもしれません。
しかし、こういった固定費はそう簡単に変更できないものも多いんです。
まず住居費。
簡単に引っ越すことができる状況ならいいですが、勤務先や子どもの通学などを考えると、そう簡単に地方に越せないという家庭も多いです。
保険料だって、もともと余分な物をかけていなければ節約しようもありません。
さすがに保険自体解約するというのは非常に危ないですし。
通信費は、ムダにかけていれば契約を見直す必要があるでしょう。
しかしこれまた、2年縛りや家族割りの都合などでなかなか他社に乗り換えとか格安スマホに変えるのが難しいというケースもあります。
固定費はそう簡単に変えられないから固定なんです。
たとえ微々たる金額でも、今からすぐにでもはじめられる食費や日用品代、娯楽費の節約をすることは決して無駄ではありません。ベルタ葉酸サプリメント 販売店

パソコン自作は難しくない…と思っていたけれど。

パソコンの自作は難しくない、プラモデルを組み立てるようなものです…と、自作が趣味の友人が言っていました。
そして、希望のパーツで購入したほうがメーカーから購入するよりも安くつく場合も多々あるとのこと。
それは魅力的だな…と思ったのですが、いろいろと前提の条件がありました。

まず当たり前ですが、OS(私の場合はWindows10など)が必要です。
そしてオンラインゲームやグラフィックソフトを動かすために必要なグラボは高額でした。
更に、拡張性と静音性を考えると、筐体の箱がとても大きくなってしまいます。

自作がどんなものかよくわかっていなかったときには、ミニタワーでDELLより安く良いPCを…なんて思っていましたが、そのためには毎日ショップへ行ったり情報を追って集めたり、ジャンク品をいくつか買って試したりというたゆまぬ努力が必要なようです。
自作が趣味という友人は、その情報集め、秋葉原通いなども含めて楽しんでいます。

作ってもサポートもなく、何があっても自己責任。PC自作趣味はなかなか奥が深そうですね。
ちょっと気になる程度の素人なので、せいぜいメーカーPCを拡張する程度に止めて置こうと思いました。ミュゼ 今月キャンペーン

昔の車は凄く面白かった、今の車はつまらない。

遥か以前のお話になりますが、私が学生時代に乗った事のある車を幾つかご紹介したいと思います。

歳がバレるというものでしょうが。

当時人気だったのが日産のブルーバード、スカイライン。

トヨタではマーク�U姉妹、三菱ではミラージュ、ギャランΣあたりでした。

私の友人はランサーという車の中古を持っていました、1400なのにパワーは車体の軽さもあってか中々の走りを見せてくれました。

勿論、MTでした当時ATはあまり流行ってませんでした。

ATに乗る人はよほどの高級車か、運転下手であるというイメージがあったのです。

当時のエンジンはまだDOHC車が少なく、殆どの車はSOHCという無骨なエンジンを搭載していました。それでも走りは現代の車にひけは取らないと思います。

必ず車を何処かへぶつけてしまう初心者の私達には練習するのに丁度良かったです。

今と違ってパワステもありませんでしたが、友人も私も交代で運転し腕を磨いたものでした懐かしいですね。

今時の車はかなりコンピュータ制御が入るので、初心者でも車を購入したその日からそれなりの走りが出来てしまいます。

便利にはなったけど、どこかつまらない気がするオヤジであります。

最近は自動ブレーキなんてのも搭載しています、何時かのように小学生が親父の車を無断で運転したなんてニュースが流れないとも限りません。

運転が便利になると同時に、人間の感性も鈍くなって行くような気がします。